スマートフォン用の表示で見る

チッソ

一般

チッソ

ちっそ

[英] CHISSO CORPORATION

チッソ株式会社 は、かつて化学工業を行っていた企業で、現在は水俣病の補償業務を専業とする企業である。

2011年3月31日をもって事業部門を中核子会社であるJNC株式会社に移管した。

旧社名は新日本窒素肥料株式会社。

1906年、初代社長野口遵によって鹿児島県大口市に建設された水力発電会社「曾木電気株式会社」が母体。その後豊富な電力と石灰石を活かして、カーバイドの製造を開始。更に石灰窒素硫安、合成アンモニアの製造に進出し、化学肥料メーカーとして知られるようになった。戦後は、オクタノール、超高純度シリコンなどの製造に進出。

戦前から開始していたアセトアルデヒドの製造過程において、有機水銀を排水とともに廃棄していたことが原因で水俣病が発生。会社の信用は地に落ち、これに伴う水俣病関連の補償損失が莫大なものとなり(1,000億円を越える大幅な債務超過のため、東証上場廃止、店頭監理銘柄を経て現在はグリーンシート銘柄)、国・熊本県および関連金融機関からの支援措置を受け、存続。