チベット侵攻

社会

チベット侵攻

ちべっとしんこう

中国人民解放軍中国共産党軍隊)によるチベットへの侵攻であり、二段階で説明される。

  1. チベット東北部・東部に対して(1948-49)
  2. 中央チベットに対して(1950-51)

中国では18世紀の雍正のチベット分割以来、後者の領域を「西藏」と名付けており、中華人民共和国は、後者を指して、特に「西蔵和平解放/བོད་ཞི་བས་བཅིངས་འགྲོལ」(シーザンフーピンチァファン/プーシーウェーチンドゥル、日本名チベット平和解放)と名付けている。