チャーグ・ストラウス症候群

サイエンス

チャーグ・ストラウス症候群

ちゃーぐすとらうすしょうこうぐん

全身の全身の動脈に炎症が生じる疾患。アレルギー性肉芽腫性血管炎の名称で呼ばれる。

発熱や体重減少、手足のしびれ、消化管出血、関節痛などの症状が起きる。原因は未だ不明。

症例数が少ない難病として知られている。

難病情報センター」によると、年間100人前後が新たに診断され、全国で治療を受ける患者数は約1800人と推定される。原因は不明でアレルギー性鼻炎や気管支ぜんそくの人がかかりやすいという。症状はさまざまだ。気管支ぜんそくの発作や手足のしびれ、関節痛、体重減少、発熱などがあり、心筋梗塞脳出血の発症もあるという。