スマートフォン用の表示で見る

チャロアイト

一般

チャロアイト

ちゃろあいと

チャロアイト(Charoite)は、鉱物の一種。


一般的内容

  • 一般的には、紫色の地に白や黒の混じった、まだら模様をしている。
  • パワーストーンとして高い評価を受けている。

来歴

  • 1978年に新しい鉱物として認定された。(それ以前にも、彫刻材料として使用されていた)
  • 名称の由来として、「発見地であるシベリアのチャロ川に因んだ」という説と、「ロシア語で魅惑を意味するcharoに由来する」という説がある。
  • パワーストーンとしては、トップクラスの石と言われている。「変容と清純」の石とされ、三大ヒーリングストーン*1の1つとされている。

鉱物として

  • 色:鮮紫〜淡紫に、白色や黒色などの部分を持つ
  • モース硬度:5
  • 結晶系:単斜晶系の各種集合体、繊維状、放射状
  • 化学組成(代表):K(Ca,Na)2Si4O10(OH,F)・H2O