主体思想 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

チュチェ思想

ちゅちぇしそう

チュチェ思想主体思想)とは、朝鮮民主主義人民共和国の指導者金日成が定式化した、朝鮮労働党の独自の指導理念

朝鮮労働党ソビエト連邦共産党の指導で結党され、当初はスターリンの影響下にあったが、1953年スターリンが死去し、1956年ソビエト連邦スターリン批判が始まると、スターリン思想を継承しながらも、独自の社会主義理論を造る必要が生じた。

1955年演説金日成が始めて主体思想に触れたとされているが、実際に形成されるのは1960年代であり、1970年労働党大会でその確立が宣言された。

金日成チュチェ思想は、「思想における主体、政治における自立、経済における自立、防衛における自衛」という4つの基本をもち、北朝鮮が国家としてソビエト連邦中華人民共和国からも独立していることをアピールするものであった。金日成の後継者である金正日体制ではさらに先鋭化して、「先軍政治*1に変質し、依然としてアメリカ帝国主義を主要な敵と位置づけ、国際世論に背を向けた核開発などに走っている。

金正日1997年朝鮮労働党総書記に就任、1998年には国防委員長という肩書きについたが、事実上の独裁者として父の金日成の権威を最大限に利用した。2011年に死去すると、次男金正恩が後継者となって継承した。しばしばミサイル発射実験や韓国基地の砲撃などを行い、緊張を演出しながら独裁権力の維持を図っているが、チュチェ思想という理念は最近では強調されることはなくなっている。

*1軍事をすべてに優先させる政治