スマートフォン用の表示で見る

チュンソフト

ゲーム

チュンソフト

ちゅんそふと

かつて存在したゲームメーカー

1984年中村光一が19歳(大学一年)の時に設立したゲーム会社。コンピュータゲームの企画・開発・販売を事業とする。

サウンドノベルシリーズや不思議のダンジョンシリーズが有名。

2005年4月よりドワンゴの傘下に入り、ゲーム事業を担当する中間持株会社ゲームズアリーナの子会社となった。

2012年4月1日、同じくドワンゴグループであるスパイク吸収合併し、「株式会社スパイク・チュンソフト」が発足した。