チョコベビーズ

音楽

チョコベビーズ

ちょこべびーず

チョコベビーズ(The Chokobabyz)


安斎肇がヴォーカルを務めるバンド。


1986年初春、あんざいはじめが知り合いに誘われてライヴ・イベントへの参加を決意する。

たまたま近所で働いていた佐川秀文を誘ってバンドの結成を企てる。イベント参加バンドがマーブル、コーヒービーツとすべてチョコレートに由来したネーミングであったため、ついでにチョコベビーズと命名。

初代メンバーはあんざい、佐川戸田吉則(b./ex.SPY)、永田裕(per./ex.SPY,SPOIL)。ほとんどバンドと無縁だった二人はリリース経験者である二人に、叱られ呆れられながら涙目で練習。渋谷Take off 7にて初ステージを経験。(その時、一番前で観ていたのがMASTA 8であった)

その後、友人の結婚パーティー、知り合いの開店10周年パーティー、ライヴ・イベントなどに誘われるたびについつい活動を再開し演奏。メンバーはその都度、二人の近所で働いていた仕事仲間を誘う。よって、カメラマン、翻訳家、編集者、デザイナー、番組プロデューサーなど、そのスジの人たちばかり。レパートリーはドリフターズサム・クックファッツ・ドミノなどのR&Bのほか、フェイセス、メラニーなどの70'Sのロック、フォークのカヴァーにも挑戦。心意気だけは高かった。

2001年春、インターネット・ラジオ“ラジ@”のスタッフに声をかけられるまま、あんざいと佐川は二人で「ラジオチョコベビーズ」をスタート。インターネットでは原盤権所有者の許可なしに既成の楽曲が放送できないことを突然知らされ、あわてて自作自演ジングルを作成。ついでにオリジナル曲も作ってみることにする。当時、あんざいが連載していた「散歩の達人」の詩に、佐川が曲をつけていく。番組内ではどんどん曲が生まれるが、あんざいの遅刻癖が原因となり、番組は翌年終了となる。

2003年夏、あんざいの思いつきで、彼の個展“キャラフル・ピクニッコ”の会場B.G.M.を作ることとなる。そこで共通の友人である古田に、大胆にもプロデュース&助っ人を依頼。初めて番組のテープを

聴いた古田はなぜか快諾(!?)。ここにレイドバック・ガレージ(!?)もしくはアバンギャルド・オールド

ウェイヴ(!?)とでもいうべき、脳がとろけそうな10曲を完成させる。

その秋、音源の完成に気をよくした佐川が、あたりかまわずダヴィングMDをばらまく。

それをたまたま耳にしたレーベル・スタッフが、あまりにも微妙な空気感、世界観のために脱力、抱腹、興味を持ちリリースをほのめかす。

2004年1月、あんざい、佐川古田、アルバム・リリースのためレコーディングを再開。古田

練習スタジオにある8トラックのオープンリールを回して、本当に脳がとろけていった。


The Chokobabyz (チョコベビーズ) 期間限定OFFICIAL SITE

http://www.showtime.jp/music/chokobabyz/



1953年12月21日生まれ、O型神奈川県在住。 本名:安斎肇。職業はイラストレーター、その他。

主な仕事:80年頃よりレコード・ジャケットのデザインを中心に活動。92年よりテレビ朝日系「タモリ倶楽部」”空耳アワー”に出演。近年は、イラストレーションキャラクターデザイン、雑誌連載、展覧会開催が中心となっている。また“勝手に観光協会”としてみうらじゅん氏とJ-WAVETR2」火曜深夜を担当。著書に絵本『LOVE!LOVE!LOVE!』、『タビダチくんがゆく』など。


1958年12月6日生まれ、O型福島県在住。 職業は音楽番組構成作家小説家見習い。

主な仕事:編集者として季刊雑誌「合点だい!」、単行本『極楽TV』『正しいドブロク「役人ごろし」の作り方』、フリーペーパー「トラットリア新聞」「footbeat」など。ライターとしてミュージシャンのほか植木等ピエール・リトバルスキー、麻原彰光などにインタヴュー。構成作家として「VIDEO JAM」、「SELF LINER NOTES」など。


本人によるブログ佐川秀文 チョコルート」

http://d.hatena.ne.jp/chokoroute/


1958年7月6日生まれ、A型、東京都在住。職業はドラマー。

主な仕事;ドラマーとして中学3年時にカルメン・マキ&Ozでプロ・デビュー。その後、原田真二&クライシス、佐野元春&ザ・ハートランドDr.StrangeLovePUGSに参加。渡辺美里吉川晃司奥田民生PUFFYなどのレコーディング、サポート・メンバーとしても活動。