チョン・グァンリョル

映画

チョン・グァンリョル

ちょんぐぁんりょる

韓国の俳優。1960年生まれ。現代物〜時代劇までこなす実力派。デビューは1980年、下積み時代を経て「青春の罠」で注目を浴び、続く「許浚」でMBC演技大賞を受賞。「製パン王キム・タック」では、趣味で身に付いた製パン技術の下積みがあり技術指導の飲み込みの早さでも話題となったが、中でもパン生地を成形するシーンは臨場感溢れる出来となった。

ドラマ

「モデル」(1997)、「絆」(1996)、「青春の罠」(1999)、「許浚」(1999)、

チャン・ヒビン」(2003)、「英雄時代」(2004)、「愛の賛歌」(2005)、

「愛・共感」(2005)、「朱蒙」(2006)、「王と私」(2007)「製パン王キム・タック」(2010)

など多数。

映画

『2424』、『ベサメ・ムーチョ』、『私にも妻がいたらいいのに』