チルド弁当

チルド弁当

ちるどべんとう

2009年に問題化した、コンビニ弁当の廃棄処理について改善策として開発された弁当。

従来の弁当に比べ低温(5度以下程度)で管理することで、消費期限を3倍程度延長できるようになった。


従来の弁当は、20℃前後で管理し、期限切れ弁当は、廃棄処分処理された。

期限切れ弁当の扱いについて、大手コンビニ本社と加盟店の間でトラブルがあった。

本社側は、期限間近の弁当について、値引き販売などを一方的に制限し、加盟店側に期限切れリスクを背負わせていた。


2009年6月、公正取引委員会よりセブン−イレブン・ジャパンは行政命令を受けた。

委員会は「優越的な地位を利用した強制は止めなさい」と命令

http://www.news.janjan.jp/business/0906/0906235651/1.php