ツァヒアギーン・エルベグドルジ

社会

ツァヒアギーン・エルベグドルジ

つぁひあぎーんえるべぐどるじ

Tsakhiagiin Elbegdorj

モンゴル政治家。第4代モンゴル国大統領

1963年生まれ、モンゴル国ホブド県出身。リボフ軍事政治大学卒業。

鉱山工員。旧ソビエト連邦に留学の後、モンゴルに帰国。モンゴルでは民主化運動の指導者の一人として活躍。その後、議員となり、政治家として首相などを歴任した。2009年に民主党の推薦を受けて大統領選挙出馬し当選。モンゴル人民革命党に所属した経験のない人物としては初めての大統領となった。