スマートフォン用の表示で見る

読書

ツァラトゥストラはかく語りき

つぁらとぅすとらはかくかたりき

ドイツ哲学者フリードリヒ・ニーチェの後期思想を代表する著作。

「神は死んだ」など旧来の価値観の崩壊を記し、ツァラトゥストラの口を通じて、超人の思想が説かれている。

世界は一回的ではなく今この生この瞬間がまったく同じに永劫繰り返される、という永劫回帰が説かれる。

ツァラトゥストラとは、ゾロアスター教開祖の名前であるザラスシュトラドイツ語読みしたもの。

関連
ツァラトゥストラはこう言った
ツァラトゥストラはこう語った

音楽

ツァラトゥストラはかく語りき

つぁらとぅすとらはかくかたりき

フリードリヒ・ニーチェの著作「ツァラトゥストラはかく語りき」にインスパイアされたリヒャルト・シュトラウス1896年に作曲した交響詩

映画「2001年宇宙の旅」冒頭部分で第1曲「序奏」 (Einleitung) が使われて非常によく知られている。

関連
ツァラトゥストラはこう語った

ゲーム

ツァラトゥストラはかく語りき

つぁらとぅすとらはかくかたりき