ツェルニー

音楽

ツェルニー

つぇるにー

ツェルニー(チェルニー),カール

(1791−1857)

1791年ウィーン生まれのピアニスト作曲家

ベートーヴェンの弟子であり,フランツ・リスト師匠である.

練習曲集を多く残している.

ツェルニー100番

ツェルニー110番

ツェルニー30番

ツェルニー40番

ツェルニー50番

ツェルニー60番

など.

日本ではあまり知られていないが、この他にも協奏曲交響曲、合唱曲、序曲、室内楽曲、24のミサ曲、24レクイエム(鎮魂曲)、ソナチネソナタなど各方面にわたって総数で1000を超える膨大な数の作品を書いている。今日では、一般的には彼が書いた練習曲は多くのピアノレッスンには欠かせないほど、非常に優れた練習曲集として大いに活用している。