スマートフォン用の表示で見る

ツベルクリン

結核感染を調べるために行う注射。

注射して48時間たってから、注射した部分の腫れ具合を調べ、腫れ方によって陰性・擬陽性・陽性・強陽性などと判定する。

陰性(反応なし)の場合、結核に対する免疫をつけるためBCG接種?を行う。

結核に対して十分な免疫力がある場合、陽性や強陽性(強い反応)が出る。