ツムラ麦門冬湯エキス顆粒

サイエンス

ツムラ麦門冬湯エキス顆粒

つむらばくもんとうとうえきすかり

概説

作用

  • 働き
    • 麦門冬湯(バクモントウトウ)という方剤です。のどを潤し、咳をしずめる作用があります。痰の少ない乾咳、もしくは切れにくい粘稠な痰をともなう咳、あるいは、のどや口が乾燥しイガイガ感のあるときに用います。ふだん、のぼせ気味で、咳き込んで顔が赤くなることも使用目安です。
  • 組成
    • 漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。麦門冬湯の構成生薬は、主薬の“麦門冬”をはじめ下記の6種類です。“麦門冬”は代表的な潤性薬の一つで、のどを潤し粘稠な痰を出しやすくします。また、“半夏”は、こみ上げる咳や吐き気をしずめる降性の生薬です。これに、滋養強壮作用をもつ潤性の“人参”、炎症をさます“粳米”、緩和作用の“甘草”などが加わります。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。

特徴

  • 痰の少ない乾咳であることを条件に、咳の治療に広く用いられています。漢時代の「金匱要略」という古典書で紹介されている処方です。
  • 適応証(体質)は、中間証〜虚証(体力中くらい以下)、燥証(乾燥)となります。

効能

  • ツムラ・他
    • 痰の切れにくい咳、気管支炎、気管支ぜんそく。
  • コタロー
    • こみ上げてくるような強い咳をして顔が赤くなるもの、通常喀痰は少量でねばく、喀出困難であり、時には喀痰に血滴のあるもの、あるいはのぼせて咽喉がかわき、咽喉に異物感があるもの。