スマートフォン用の表示で見る

テーパー翼

一般

テーパー翼

てーぱーよく

航空機の翼の平面形の分類で、翌幅に沿って翼弦長が直線的に変化するもの。通常は翼端側が翼弦長が小さくなるため、「先細翼」とも呼ばれる。

矩形翼に比較して揚抗比を改善でき、翼つけ根に作用するモーメントも低減できる。