スマートフォン用の表示で見る

テーラワーダ

一般

テーラワーダ

てーらわーだ

テーラワーダ仏教

パーリ語(古代インドの言葉)で、“thera”長老の“vaada”教え、を意味する。上座仏教上座部仏教とも呼ばれる。テーラワーダの名称は、釈迦牟尼仏陀ブッダ)入滅後100年頃に仏教教団が戒律の解釈をめぐって厳格派のテーラワーダ上座部)と修正派のマハーサンギカ(大衆部)に根本分裂したことに由縁する。以来2500年近くにわたって法統を守り続けている歴史上最古の仏教宗派である。現在は、スリランカ、タイ、ミャンマービルマ)、ラオスカンボジアの各国で多数宗教を占める。