スマートフォン用の表示で見る

ティアンム

一般

ティアンム

てぃあんむ

Admiral Mcfaty Tianem

一年戦争時の地球連邦宇宙軍の将官

ほとんどの場合、「ティアンム提督」と表記される。

階級については諸説あるが、戦争のほぼ全期間を通して中将であったと考えられる。

概略

開戦時、ルナツー駐留の第四艦隊司令長官*1

ブリティッシュ作戦時には連邦艦隊を率いてコロニー落としの阻止にあたり、ジオンコロニー護衛艦隊と交戦。一説によれば艦隊の70%に及ぶ損害を受けたとも言われるが、結果としてジオンの作戦目標の阻止に成功している。

いずれにせよこのときの損耗が原因でルウム戦役には参加していない。


ルウム後は残存の宇宙艦隊の維持と戦力回復に尽力*2、もっとも苦しい時期の連邦宇宙軍を支えている。

戦争末期、星一号作戦の開始に伴い、第二連合艦隊司令長官に就任*3しており、宇宙要塞ソロモンへの攻撃(チェンバロ作戦)を指揮。

第三艦隊を丸ごと囮に使い、暗礁宙域からソーラーシステムを使用する(しかも残りの全艦隊をその護衛としておく)という大胆な作戦を実施、ソロモンの防衛力を崩壊させている。

爾後、ソロモンへの突入を成功させ、また、ジオン残存艦隊へのソーラーシステムによる第二撃を加えて会戦の帰趨を決定づけている。

だが、最終局面でのジオン軍の局所反撃により旗艦タイタンを撃沈され戦死。戦争終結を見届けることはできなかった。


功績をたたえ、後に、連邦軍ラー・カイラム戦艦の一隻が「アドミラルティアンム」と命名されている。

*1:第四艦隊はコロニー迎撃用の臨時編成部隊だったとする説もあり。この時期の連邦軍の統制は混乱を極めており、かつ当事者も亡くなっているため、新資料が発見されないかぎりは結論は出ないと思われる。

*2:ビンソン計画の立案者であったとする資料もある。もっとも艦隊の再建が必要だったのは誰の目にも明らかだったし、再建計画全体の立案が一個人で行えるものでもないのも明白である。ティアンム個人のイニシアティブがどの程度の影響を計画に与えたか、確定するのは容易ではない。

*3:文献によってはこのときに大将に昇進したとされる。