ティエラ

Tierra?

人工生命」の代表的なモデル。

コアウォー突然変異を導入し、生物の進化を模擬できるようにしたもの。突然変異以外には、特定のビット列を探してそこにジャンプするような機能を導入し、蛋白質酵素における鍵と鍵穴の関係を模擬している。コアウォーから追加されたルールはそれほど複雑ではないが、その結果生じる「人工生命」は寄生や共生など非常に興味深い現象を示す。

作者のトム・レイは初期状態として自己複製を行うのに最小限と思われる80バイトのコードを作ってばらまいたが、そのうち45バイトで自己複製を行う超絶的なコードが自然発生したりした。