ティノ・マルティネス

スポーツ

ティノ・マルティネス

てぃのまるてぃねす

Constantino(Tino) Martinez

MLB選手。

右投左打、ポジションは一塁手背番号は24→21→24番。


1967年12月7日生まれ。米国フロリダ州出身。

タンパ大学から1986年、ドラフト1位でシアトル・マリナーズに入団。

1990年、メジャー昇格。

1996年、ニューヨーク・ヤンキースに移籍。

1997年、シーズン44本塁打本塁打王のタイトルを獲得。

4度のワールドシリーズ制覇に大きく貢献。1990年代後半のヤンキース黄金時代を支えた。

強打者として1990年代のヤンキースを支えた。


2002年、セントルイス・カージナルスに移籍。

2004年、故郷のタンパベイ・デビルレイズに移籍。

2005年、ヤンキースに復帰。

同年、現役引退。

実働16年間で通算2023試合出場。通算1925安打、339本塁打、1271打点を記録。オールスターゲーム出場2回。


2006年、ニューヨークケーブルテレビYES NETRWORKの野球解説者に就任。