スマートフォン用の表示で見る

ティラノサウルス

動植物

ティラノサウルス

てぃらのさうるす

Tyrannosaurus Rex

白亜紀後期に生息した恐竜

竜盤目・獣脚類。体長約13メートル。

生きた動物を捕食する肉食恐竜とされてきたが、腐食動物であった可能性も指摘されている。

が、ティラノサウルスの歯型と骨折部位の再生痕を持つトリケラトプス化石が発見されるなどの証拠から、生きた大型恐竜を襲ったことは間違いないものと見られる。

腐食動物説の意見

  • 腕が退化しており、格闘時に骨折する可能性がある。格闘しなかったと見るべき。

腐食動物説に対する反対派の意見

  • 現生哺乳類では、狩をする動物のほうが腐食動物よりも大きい。ティラノサウルスが他の肉食恐竜より大きいのは狩をしたからではないか。
  • 頭蓋骨は立体視が出来るように進化している。狩りをしないなら立体視による淘汰は無かったはず。
  • 発見された骨格には骨折の治癒痕がたくさんある。荒々しい生活をしていた証拠。
  • 腕が退化したのは格闘用に巨大化した頭との重量バランスをとるためではないか。