スマートフォン用の表示で見る

ティレル

F1チーム。[Tyrrell]

マトラのプライベートチームを運営していたケン・ティレルがマトラから抜け、コンストラクターに転向する形で設立

1970年、グランプリデビュー。翌71年にはジャッキー・スチュワートのドライバーズチャンピオンと、コンストラクターチャンピオンのダブルタイトルを獲得。

80年代以降は低迷したが、長く中堅チームとして活躍。98年にB・A・Rに買収され、その歴史を終える。

歴代のエンジンは、フォード、ヤマハ、など。

中嶋悟片山右京が在籍したチームとして、日本でもなじみ深い。