スマートフォン用の表示で見る

テキーラ

キーワードの候補

2件

地理

テキーラ

てきーら

Tequila


メキシコ合衆国中部ハリスコ州地方自治体のひとつで、人口は約6万人。

中心的な町はサンティアゴ・デ・テキーラ(Santiago de Tequila)だが、この町も単に「テキーラ」と呼ばれるのが一般的である。サンティアゴ・デ・テキーラは、メキシコ第二の都市であるハリスコ州州都グアダラハラから60kmの場所に位置している。

リュウゼツラン蒸留酒であるメスカルの中でもよく知られるテキーラ酒は、この町の名前に由来しており、毎年11月29日から12月13日には地元で「テキーラ見本市」(National Tequila Fair)が開催される。2003年にプエブロ・マヒコ?に選出された。

市内の一部は「テキーラの古い産業施設群とリュウゼツラン景観(英:Agave Landscape and Ancient Industrial Facilities of Tequila, 西:Agave Landscape and Ancient Industrial Facilities of Tequila)」として、2006年に世界遺産文化遺産)に登録された。

テキーラ

てきーら

Tequila


竜舌蘭(アガベ)を原料にした蒸留酒「メスカル?(Mezcal)」の一種。

メキシコ法律によれば、原料としてアガベの中でもアガベ・アスール・テキラーナという品種を51%以上使い、ハリスコ州タマウリパス州グアナフアト州ミチョアカン州ナヤリット州の各州の一部で作られたもののみがテキーラとされる。