テクスチャーマッピング

コンピュータ

テクスチャーマッピング

てくすちゃーまっぴんぐ

3DCG用語。

ポリゴンの表面に、画像データ(テクスチャーと呼ばれる)を『貼り付ける』(マッピング)ことで、ポリゴンが組み合わさってできているオブジェクトに質感を与える手法。また、その方法。

リアルタイム(ゲームなど)か・またはレンダリング(高解像度の静止画・あるいは動画作成)かを問わず、現在の3DCGにおいてはもはや、必須といえる機能のひとつである。