テクノポート線

地理

テクノポート線

てくのぽーとせん

大阪港埋立地に敷かれた、現在の大阪市営地下鉄中央線ニュートラム南港ポートタウン線のそれぞれ一部区間を、大阪港トランスポートシステムOTS)が運営していた当時の路線愛称名。

正式名称は「南港・港区連絡線」といった。

以下の2区間に分かれる。

テクノポート線

大阪港駅コスモスクエア駅間 2.4km

普通の地下鉄大阪市営地下鉄中央線近鉄東大阪線(現・けいはんな線)と相互直通運転をしていた。→ けいはんな線

コスモスクエアから夢洲・舞洲を経て新桜島までの延伸計画もあったが、現在まで実現していない。

ニュートラムテクノポート線

コスモスクエア駅中ふ頭駅間 1.3km

コンクリートの路盤をゴムタイヤで走る新交通システム

大阪市交通局が運営するニュートラムと相互直通運転をしていた。→ ニュートラム