テディ・ベア からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

アート

テディベア

てでぃべあ

テディベアは、クマのぬいぐるみ。

誕生逸話

1902年の秋、セオドア・ルーズベルト大統領は趣味のくま刈りに出かけたが、獲物が捕まらない。そこで、同行していたハンターが傷ついたクマを捕まえて止めの一発を撃つようにといったが、大統領は「傷ついた熊を撃つのはスポーツマン精神に反する。」として、ハンターに解放させた。これが新聞に掲載されたため、このエピソードは多くの人に知られることになった。後に、大統領マルガレーテ・シュタイフが熊のぬいぐるみが大統領に送られたため、このぬいぐるみが大ヒット。大統領の愛称「テディ」に由来して「テディベアと名付けられた。」