スマートフォン用の表示で見る

テトリス

ゲーム

テトリス

てとりす

旧ソ連アレクセイ・パジトノフ博士が知的教育を目的に開発したソフトウェアパズルゲーム落ち物パズルの元祖。

画面上部から落ちてくる7種類のブロックを積み上げていき、横一列が揃うとそのラインが消えて得点が加算される。最上段までブロックが詰み上がるとゲームオーバー。

その分かりやすいプレイ方法で、1990年代前半に世界的に大ヒットした。

西側の生産力を低下させるために、ソ連から送りこまれたソフトウェア兵器ではないか、という冗談もあった。

現在では回転している間はブロックが固定されなかったり、色に応じて落下してしまうブロック、アイテムなど、あらゆるテトリスがある。

セガのゲームマシン・メガドライブ版が発売されなかった理由

簡単に説明すると、テトリスの販売元はテンゲンファミコン版はBPS)だったが、任天堂テンゲンを通り越して、アレクセイ・パジトノフ博士に直接著作権利用の申し出をしたために、アーケード版で人気を評したセガは出すに出せなくなった。

(ここは裏話でしたが、裏ルートに通じた店で輸入版のテトリスを日本で購入できたが、メガドライブで動いたらしい。当時は高等なプレミアが付いたものだったようだ)