テラヘルツ時間領域分光法

サイエンス

テラヘルツ時間領域分光法

てらへるつじかんりょういきぶんこ

テラヘルツ波をもちいた代表的な分光方法である。

発振器には、光伝導アンテナ(光伝導スイッチ)や非線形光学効果による高調波を利用することもある。

受信器には、発振器とどうように光伝導アンテナを用いるのが一般的である。

光伝導アンテナの変わりに、電気光学効果を利用してCCDで検出することもある。

これにより、複素誘電率などの物質の細かい分析が可能になる。