テレ・サンタナ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

テレ・サンターナ

てれさんたーな

Tele Santana

ブラジル・ミナスジェライス州出身のサッカー選手、サッカー指導者。

1931年6月26日生、2006年4月21日没。


1982年と1986年のFIFAワールドカップブラジル代表監督を務めた。

ジーコトニーニョ・セレーゾパウロ・ロベルト・ファルカンソクラテスの「黄金のカルテット黄金の中盤)」と呼ばれた華麗な中盤を起点とする攻撃サッカーは世界中を魅了した。

しかし1982年スペイン大会では、2次リーグのイタリア戦でパオロ・ロッシハットトリックを許し敗退。

1986年メキシコ大会でも大会直前にブラジル代表監督に復帰したが、「黄金のカルテット」の4人は揃わず、準々決勝で敗退した。


クラブではサンパウロFCを率いて、1992年・1993年トヨタカップ連覇に導いた。