テレッテー

ゲーム

テレッテー

てれってー

「即死」「ゲーム終了」「終了」等の意

格闘ゲーマーによって生まれたスラング

元は

北斗の拳 〜審判の双蒼星 拳豪列伝〜」

において当てれば文字通り一撃必殺(残り体力を無視して負ける)する

「一撃必殺」を当てた時にのみ流れる

北斗の拳のオープニングソング「愛をとりもどせ」の出だしの音が

テキストに現すと「テレッテー」となる為

テレッテー=一撃必殺を当てた(喰らった)=ゲーム終了

という意味として使われ始めた。

 

ゲーム特性上状況によっては

ラウンド開始直後、数秒で勝負が決まってしまう

理不尽な程の一撃必殺の決め方(決められ方)が存在する。

その他の格闘ゲームではまず有り得ない状況、光景があまりにも強烈で

格闘ゲームのプレイヤー達は他の格闘ゲームでもテレッテーを使い出し

ゲーム以外でも「終了」状態の物事に対しても使い出した。

:使用例:

北斗の拳 〜審判の双蒼星 拳豪列伝〜」

二ラウンド先取制、トキvsラオウ。状況、ラオウ北斗七星残り一つ。

「ああ、このラオウ○○だ」

 



北斗の拳 〜審判の双蒼星 拳豪列伝〜」

http://hokuto-no-ken.sega.jp/

リスト::擬音擬態語