スマートフォン用の表示で見る

テレマークスキー

スポーツ

テレマークスキー

てれまーくすきー

スキーの一種。かかとを固定しないで滑り、ひざを曲げた独特のターンをする。もともとは、ノルウェーテレマーク地方の人々が滑走の際にとっていた姿勢を指すテレマーク姿勢のことだが、このスタイルで滑るスキーをそう呼ぶようになった。

最初はクロスカントリースキーにエッジを付けて滑降性能を向上させただけのもので、クロスカントリーダウンヒルなどとも呼ばれ、それが次第に洗練され、少し前まで、革靴とヘッド部で70ミリそこそこの板幅のスキーを使っていたが、最近は、プラスティックブーツやファットスキーカービングが当たり前になっている。

山岳エリアで山スキーとして楽しむことが一般的だが、スキー場でもよく見かけるようになった。現在、スクールも各地にあり、エントリーは相当に楽になった。

テレマークスキーヤーをテレマーカーとも呼ぶ。