テンカラ

テンカラ

(スポーツ)
てんから

渓流に生息するヤマメやアマゴ、イワナなどを1本の毛バリで釣る釣法をテンカラという。
竿と糸(ライン/ハリス)、一つの毛鉤だけで完結するスポーティな釣り。

テンカラは日本に古くからあった釣りで、山間僻地の蛋白源確保のための職業漁師の釣りであり、そのため先祖伝来の奥義、秘伝の釣りなどと思われている傾向がある。
しかし、その仕掛け、釣法はシンプルでありタックルの進化により現在では誰でもできるスポーツ性、ゲーム性の高い釣りとなっている。

渓流を遡行するテンポのよさと魚が毛バリに出る瞬間を見て掛けるという他の釣りでは類を見ない点が特徴であり、さらに元来が職漁師の釣りなので効率的で、そして攻撃的な釣りでもある。毛バリは通常1種類で、フライフィッシングのように毛バリを頻繁に交換することはない。また仕掛けの長さが一定のためポイントに正確にすばやく振り込むことができる。食い気のある魚だけを釣るため、出る、出ないの見切りが早く、次々とポイントを換えていくスピード感は魅力の1つである。

新着ブログ: テンカラ