テンペスト技術

サイエンス

テンペスト技術

てんぺすとぎじゅつ

テンペスト技術とは、電子機器から漏洩する電磁波を取得して通信情報等の信号を盗聴?する技術である。

IPAJITECが実施している情報処理技術者試験のテキストで見た事があったりする人もいるだろう。

取得出来るものとしては、通信情報、画面の内容、またCPUの計算内容を取得出来たりもする。

USBケーブルから漏洩する電磁波を数十m離れた所から取得出来たりする等、測定機器と解析技術の進歩は結構脅威であるので*1、現在は以前とは異なるセキュリティ感覚でいた方がいいかもしれない*2 *3

*1電磁波は数十センチのコンクリート壁でも数10%の減衰でしかなかったりする。勿論壁の材質や波長にもよるが。

*2:例えば、以前であれば有線通信の方が安全であったところ、暗号化が施されている分無線通信の方が安全になっていたりする事も。(もちろん、アルミ箔等でフォイルされたケーブル(LANケーブルで言えばSTPケーブル)等を使い、更に通信自体も暗号化IPsec、IEEE802.1X?SSL/TLSSSH等)した有線通信であればより望ましいであろうが。光ファイバーも良いだろう。)

*3:しかし、ますますアルミ箔有用性が高まる現実に、精神科医はどう立ち向かうのだろうか…。