スマートフォン用の表示で見る

デーブ・ウィンフィールド

スポーツ

デーブ・ウィンフィールド

でーぶうぃんふぃーるど

David Mark Winfield

70〜90年代のMLB選手。

右投右打、ポジションは外野手背番号は31番。


1951年10月3日生まれ。米国ミネソタ州出身。

ミネソタ大学から1973年ドラフト1位でサンディエゴ・パドレスに入団。

1年目よりメジャー昇格。

中堅手の定位置を獲得。主砲として、1970年代のパドレスを支えた。

1979年、118打点を記録しナ・リーグ打点王のタイトルを獲得。


1981年、ニューヨーク・ヤンキースに移籍。

強打者として同年のリーグ優勝に貢献。

1991年カリフォルニアエンゼルスに移籍。

1992年、トロント・ブルージェイズに移籍。ワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。

1993年、故郷のミネソタ・ツインズに移籍。

同年、通算3000本安打を達成。

1995年、クリーブランド・インディアンズに移籍。

同年、現役引退。

実働23年で通算3110安打、465本塁打、1833打点を記録。


2001年、米国野球殿堂入り。

同年、背番号31番がパドレス永久欠番となる。