ディーン元気

スポーツ

ディーン元気

でぃーんげんき

兵庫県神戸市出身のやり投げ選手、現在早稲田大学競走部に所属している。1991年12月30日生まれ。

イギリス人と日本人のハーフで、自らを「バイキングの子孫」と明かしている。*1

経歴

神戸市立平野中学校時代に兄の影響で陸上競技を始める。全中砲丸投で4位になった。また3年次のジュニアオリンピック円盤投で優勝している。尼崎市尼崎高等学校に進学後、やり投を始め、3年次のインターハイでは、やり投円盤投で優勝した。

早稲田大学スポーツ科学部へ進学後は、やり投に専念するようになった。2010年、世界ジュニア陸上競技選手権大会で銀メダル日本陸上競技選手権大会で3位、2011年アジア陸上競技選手権7位、ユニバーシアード12位、日本陸上競技選手権大会2位の成績をあげた。

2012年4月29日に広島広域公園陸上競技場で行われたロンドンオリンピック日本代表選考会を兼ねた第46回織田幹雄記念国際大会において、派遣標準A記録を突破し一躍、派遣選手候補となる、さらに2012年6月9日、日本選手権において大会新記録の84m03cmをマークして初優勝するとともに、父の母国の英国ロンドンでのオリンピック出場が決定した。