スマートフォン用の表示で見る

ディエゴ・マラドーナ

スポーツ

ディエゴ・マラドーナ

でぃえごまらどーな

 Diego Armando Maradona

アルゼンチンの産んだ不世出の天才サッカー・プレイヤー。多くのスーパープレイとタイトル獲得でファンを熱狂させた。一方、私生活で様々なスキャンダルに巻き込まれることでも話題に事欠かない。アルゼンチン国民は彼を熱烈に慕っている。

1960年10月30日、ブエノスアイレス州ラヌスに生まれる。15歳でアルヘンティノス・ジュニオールズでトップチームデビュー。類い希なる才能をベースに、アイディアあふれるプレイで周囲の大人を圧倒する。16歳4ヶ月でアルゼンチン代表にデビュー。残念ながら若すぎたため自国開催のW杯には直前でメンバーをはずれた。だが、1979年ユース代表のキャプテンとしてワールドユースで優勝、自身はMVPに輝いた。1982年W杯では若さを露呈してブラジル戦で退場処分を受け、チームも2次リーグで敗退することになった。

1986年のメキシコ大会はマラドーナの大会となった。世界最高のプレイヤーとして絶賛された。イングランド戦での「神の手」とその直後の五人抜きはともにサッカー史残るプレイだった。ベルギーとの準決勝では2ゴールを決め、西ドイツとの決勝ですべてのゴールをお膳立てするという活躍を見せた。

一方クラブでは、アルヘンティノスからボカ・ジュニオールズへ移籍。ほんのわずかの間の在籍だったが、ボケンセのハートを一気につかみ、現在でもボカのホームスタジアム・ボンボネラにはマラドーナのためのVIPルームがある。そして惜しまれながらヨーロッパに渡るが、スペインFCバルセロナではサポーターの支持を得られなかった。しかし、84年イタリアに渡り、1986-1987シーズン、ナポリではクラブ初のスクデッドを獲得。南イタリアの英雄となり、1987-1988 UEFAカップ、1989-1990のスクデッドを獲得した。

1990年イタリアワールドカップでは足首の負傷をおしてのプレイで、決勝にまで進んだ。だが、この大会直後から薬物使用疑惑がもちあがり、引退・復帰を繰り返すようになり、1994年、アメリカ大会では大会途中でドーピング検査に引っかかり、出場停止処分となった。その後、アルゼンチンに帰国して再びボンボネラのフィールドに立ったが引退。

キューバダイエット治療をしていたが、2004年に危篤状態に陥った。このとき、数々のスキャンダルにまみれたマラドーナが、それでもいかにアルゼンチン国民に慕われているのかを全世界に向けて知らしめた。

アルゼンチン国民にとって、マラドーナが特別なのはそのプレイだけでなく、キャラクターである。スーパースターとなってもなお貧しい出身である自分の出自を忘れず、ファンには公平に接し、いつもファンの存在を忘れなかったことを、ファンも忘れてはいなかった。

アビスパ福岡コンサドーレ札幌などで活躍したウーゴ・マラドーナは実弟。

2011年5月16日、UAEリーグに所属するアル・ワスルFCの監督に就任することが決定・

2012年7月10日、アル・ワスルは監督の解任を発表。



代表歴

1979年 ワールドユース 日本大会 優勝

1982年 FIFAワールドカップ スペイン大会 2次リーグ敗退(5試合2得点)

1986年 FIFAワールドカップ メキシコ大会 優勝(7試合5得点)

1990年 FIFAワールドカップ イタリア大会 準優勝(7試合0得点)

1994年 FIFAワールドカップ アメリカ大会 ベスト16(2試合1得点)

監督歴

1994年 デポルティーボ・マンディージュ(アルゼンチン

1995年 ラシン・クラブアルゼンチン

2008〜2010年 アルゼンチン代表

2011〜2012年 アル・ワスルFCUAE

amazon:ASIN:4344002024

*1:功績を称え、背番号10番はナポリ永久欠番となっている。