ディオクレティアヌス宮殿

地理

ディオクレティアヌス宮殿

でぃおくれてぃあぬすきゅうでん

クロアチア語 : Dioklecijanova palača)

クロアチア南部?アドリア海に面する都市スプリトにあった宮殿。3世紀末から4世紀初頭にかけて古代ローマ皇帝ディオクレティアヌスによって建てられたものである。ローマ帝国崩壊後、異民族の侵入を受けて廃墟になり、7世紀頃から人が居住し始めた。宮殿は現在の旧市街の礎となり、今も霊廟や城壁の一部が現存する。1979年に「スプリトの史跡群とディオクレティアヌス宮殿」として世界遺産文化遺産)に登録された。