ディケンベ・ムトンボ

スポーツ

ディケンベ・ムトンボ

でぃけんべむとんぼ

NBAヒューストン・ロケッツの選手。

ポジションはセンター。背番号は55番。

ザイール(現コンゴ)出身。

218cm。

NBA屈指のショットブロッカー。

1987年医学奨学生としてジョージタウン大学に留学。そこでバスケットボールの才能を見いだされ1991年ドラフト1巡目でデンバー・ナゲッツに入団。

1994年プレーオフでは、NBA記録の31ブロックショットを記録。

1994-95シーズンには、全82試合に先発し平均11.5得点、12.50リバウンド、3.91ブロックショットで、初の最優秀守備選手賞とAll-Defensive 2nd Teamに選出された。

1995-96シーズン、平均11.0得点、11.80リバウンド、自己最高の4.49ブロックショットをマーク。

1996年、FAアトランタ・ホークスへ移籍。

1996-97シーズン、2度目の最優秀守備選手賞と、初のAll-Defensive 1st Teamに選出される。

1997-98シーズンは、マーカス・キャンビー?の3.65に次ぐNBA2位の3.38ブロックショットを記録、3度目の最優秀守備選手賞とAll-NBA 3rd Team、All-Defensive 1st Teamを受賞。

1998-99シーズン、All-Defensive 2nd TeamとIBM賞を受賞。

1999-2000シーズンには、自己最高の14.10リバウンドで初のリバウンド王となり、1955-56年のボブ・ペティト?以来の快挙を達成。

2000-01シーズン、2年連続2度目のリバウンド王を獲得。4度目の最優秀守備選手賞、All-NBA 2nd Team、All-Defensive 1st Teamに選出された。

2001年2月、セオ・ラトリフ?、トニー・クーコッチ?、ナジー・モハメド?、ペペ・サンチェス?との交換トレードで、ロショーン・マクレオド?と共にフィラデルフィア・76ersに移籍。

大学の後輩であるアレン・アイバーソンを、主に守備で支え、2001-02には自身初のファイナル進出。

2002年8月、キース・バン・ホーン?、トッド・マクロック?との交換トレードでニュージャージー・ネッツへ移籍。

ジェイソン・キッドを中心とするチームに加入し自身2度目のファイナル進出。

2003年オフ、ネッツを解雇され、ニューヨーク・ニックスと契約。

2004年8月、トレードでシカゴ・ブルズへ移籍するが、翌月には3選手との交換でヒューストン・ロケッツへ移籍。

主に姚明バックアップ要員となる。