スマートフォン用の表示で見る

ディスティラリー

ディスティラリー

でぃすてぃらりー

和訳すれば蒸溜所。同一蒸溜所のモルトウイスキーだけを使った製品のことをシングル・モルトウイスキーという。

蒸溜とは液体を加熱し、沸騰点のちがう揮発成分を分離・濃縮すること。ウイスキーの場合、穀物発酵させたアルコール含有液を、単式蒸溜器(ポット・スチル)や 連続蒸溜器(パテント・スチル)にかけて、アルコール濃度の高い酒をとり出すこと。

1気圧のもとで、水の沸騰点は100℃だが、酒の主成分であるエチル・アルコールの沸騰点は78・325℃。この差を利用して始めに蒸発してくるエチル・アルコールの気体を冷却して、高濃度の酒にするのである。ジャパニーズ・ウイスキースコッチウイスキーは、大麦麦芽発酵液を単式蒸溜機で2回蒸溜して、アルコール度数70度前後のモルトウイスキーをつくる。また、穀物発酵液を連続式蒸溜機で蒸溜して、93度前後のグレーン・ウイスキーをつくる。アイリッシュウイスキー穀物発酵液を単式蒸溜機で3回蒸溜して、原酒とする。アメリカカナダウイスキーは一部の例外を除いて、連続式蒸溜機で蒸溜する。