ディマンドプル・インフレ

一般

ディマンドプル・インフレ

でぃまんどぷるいんふれ

【Demand Pull Inflation】

インフレが発生する要因の1つで、景気が過熱し、総需要(家計、企業、政府がある物価水準において財・サービスに支出したいと思う金額の合計)が総供給(ある物価水準の下で企業が供給したいと考える財・サービスの総量)を上回る状態(インフレギャップ?)によって発生する需要インフレ。このようなインフレを防止するためには、財政金融政策を適切に運用することによる総需要管理政策などがとられる。また、需要の要因により「通貨インフレ?」「消費インフレ?」「投資インフレ?」などに分かれる。