スマートフォン用の表示で見る

ディラックの海

サイエンス

ディラックの海

でぃらっくのうみ

イギリス物理学者ポール・ディラックが仮定した概念。

真空があらかじめ、観測できない「負のエネルギーを持った電子」で満たされていると考える。

ディラック方程式では電子が負のエネルギー状態を持てるように見えるので、それを排除するために考案された。

キーワード反粒子」等も参照。

リスト::物理関連