スマートフォン用の表示で見る

デイヴィッド・イーリイ

読書

デイヴィッド・イーリイ

でいう゛ぃっどいーりい

1927年生まれ。アメリカの作家。本名デイヴィッド・イーライ・リリエンソール・ジュニア。新聞記者から作家に転身し、「ヨットクラブ」(1962)でMWA最優秀短篇賞を獲得。以後、『コスモポリタン』『プレイボーイ』『EQMM』などの雑誌で、現代の不安や恐怖を描く異色短篇の名手として活躍、アントニー・バージェスらの絶賛を浴びた。『憲兵トロットの汚名』『蒸発』『観光旅行』などの長篇でも、不条理な状況が生み出すサスペンスが際立っている