スマートフォン用の表示で見る

デイヴィッド・ピース

読書

デイヴィッド・ピース

でいう゛いっどぴーす

David Peace.

サッチャリズムが吹き荒れるイギリスで生まれ育ち、イスタンブールを経て現在日本在住。ジェイムズ・エルロイに惹かれて作家になることを決意したと公言する通り、『ホワイト・ジャズ』の電文にも似た文体とどこまでもどす黒い暴力や死や情念を描写した作風が特徴的であり、同じくエルロイをそのルーツとする馳星周にも絶賛されている。

邦訳されている代表的な著書としては、『1974 ジョーカー』から始まる「ヨークシャー四部作」がある。

  • 『1974 ジョーカー

  • 『1977 ハンター』

  • 『1980 リッパー』

  • 『1983 ゴースト