デイヴィッド・O・セルズニック

映画

デイヴィッド・O・セルズニック

でいうぃっどおーせるずにっく

David O. Selznick

アメリカ合衆国の映画製作者。

1902年5月10日、ピッツバーグの生まれ。

1926年メトロ・ゴールドウィン・メイヤー入社

1928年パラマウントに移籍。

1931年RKOに移り、『キング・コング』(1933)などを制作。

1935年、独立し、セルズニック・インターナショナル・ピクチャーズを設立

1939年、ハリウッド黄金期の代表作でもある、マーガレット・ミッチェル原作の『風と共に去りぬ』を製作。

1949年、女優のジェニファー・ジョーンズと再婚。

1965年6月22日、死去。

主なプロデュース作品