デタッチャブルハードトップ

一般

デタッチャブルハードトップ

でたっちゃぶるはーどとっぷ

ハードトップ一種で、屋根を脱着できる形式のものを指す。


リトラクタブルハードトップが出る以前は、ソフトトップにおける各種問題(遮音性や遮熱性の低さ、経年劣化による雨漏り、セキュリティー上の脆弱性など)を解決するための手段であった。

FRPやアルミなどで作られてる場合が多く、重量増も抑えられている場合が多い。


欠点としては走行中に屋根の開閉が出来ない事、外した屋根を保管する場所が必要になるといった事が挙げられ、リトラクタブルハードトップの普及とともにメーカー純正装備としては消えつつある。