デニス・エカーズリー

スポーツ

デニス・エカーズリー

でにすえかーずりー

Dennis Lee Eckersley

70〜90年代のMLB選手。通称「Eck」。

右投右打、ポジションは投手背番号は37→43番。


1954年10月3日生まれ。米国カリフォルニア州出身。

1972年ドラフト3位でクリーブランド・インディアンズに入団。

1975年、メジャー昇格。

長い髪をなびかせ、サイドスローの先発投手として活躍。

1977年5月30日、ノーヒットノーランを達成。

1978年、ボストン・レッドソックスに移籍。同年、20勝を挙げる。

1985年シカゴ・カブスに移籍。


1987年オークランド・アスレチックスに移籍。

トニー・ラルーサ?に師事し、クローザーに転向。

以後1980年代、1990年代を代表するクローザーとして、アスレチックスを支えた。

1992年、当時のナ・リーグ記録となる51セーブを挙げ、*1ナ・リーグMVPを受賞。

またクローザーとして2人目のサイ・ヤング賞を受賞。*2

1995年、通算300セーブを達成。


1996年、セントルイス・カージナルスに移籍。

1997年現役引退

実働23年間で通算197勝171敗、390セーブを記録。


2004年、米国野球殿堂入り。

2005年、背番号43番がアスレチックス永久欠番となる。


現在は、ボストンでNESNの野球解説者を務める。

*1:2004年、エリック・ガニエが更新。

*2:1981年のロリー・フィンガースに続く受賞。