デファレンシャルギア

キーワードの候補

2件

一般

デファレンシャルギア

でふぁれんしゃるぎあ

主に自動車の駆動系統に用いられる機械的機構の一種で、二つの部分の動きの差を検出、あるいは動力に差をつけ割り振る装置の名称。

略して「デフ」と呼ばれる事が多いが、多くは「デフ=LSDモータースポーツなどでは、機械式LSDそのものの呼称である場合が多い)」を示すニュアンスが強いため、差動制限機構を持たないデファレンシャルギアは「オープンデフ」と区別して呼ばれる。


左右に回転差が無い場合はリングギアには左右の車軸につながる側面のギアとその両者をつなぐピニオンギア(小歯車)を収めた枠が直結しており、それごと回転させるため、左右駆動輪は同方向に回転し駆動力となる。

コーナリング等で左右に回転差が生じると、リングギアが固定された状態で側面のギアの一方を回転させ、ピニオンギアを介してもう一方を逆方向に回転させる。

この機構により、旋回中の左右駆動輪や4WDの前後輪に発生する回転差を相殺して、旋回をスムーズにする事が可能となる。

二輪駆動車(FF、FR、MR、RR)ならデフは一つ(駆動輪のみ)だが、4WDにおいてはフロントデフ、リアデフ以外に、前後車軸における駆動差から生じるタイトコーナーブレーキング現象を防ぐためにセンターデフを加えた計3つのデフが用いられる


欠点としては、車輪の片方が無負荷状態になった場合(泥濘にはまった時、脱輪して空転した時など)その車輪に大きなトルクが掛かるため空回りしてしまい、もう一方の車輪に動力が伝わらなくなってしまう事が上げられる。

そのため、差動制限機構を設けたLSD(Limited Slip Differential)が用いられる。


関連キーワードオープンデフLSDタイトコーナーブレーキング現象機械式LSD

一般

デファレンシャルギア

でふぁれんしゃるぎあ

主に自動車の駆動系統に用いられる機械的機構の一種で、二つの部分の動きの差を検出、あるいは動力に差をつけ割り振る装置の名称。

略して「デフ」と呼ばれる事が多いが、多くは「デフ=LSDモータースポーツなどでは、機械式LSDそのものの呼称である場合が多い)」を示すニュアンスが強いため、差動制限機構を持たないデファレンシャルギアは「オープンデフ」と区別して呼ばれる。


左右に回転差が無い場合はリングギアには左右の車軸につながる側面のギアとその両者をつなぐピニオンギア(小歯車)を収めた枠が直結しており、それごと回転させるため、左右駆動輪は同方向に回転し駆動力となる。

コーナリング等で左右に回転差が生じると、リングギアが固定された状態で側面のギアの一方を回転させ、ピニオンギアを介してもう一方を逆方向に回転させる。

この機構により、旋回中の左右駆動輪や4WDの前後輪に発生する回転差を相殺して、旋回をスムーズにする事が可能となる。

二輪駆動車(FF、FR、MR、RR)ならデフは一つ(駆動輪のみ)だが、4WDにおいてはフロントデフ、リアデフ以外に、前後車軸における駆動差から生じるタイトコーナーブレーキング現象を防ぐためにセンターデフの3つのデフが用いられる


欠点としては、車輪の片方が無負荷状態になった場合(泥濘にはまった時、脱輪して空転した時など)その車輪に大きなトルクが掛かるため空回りしてしまい、もう一方の車輪に動力が伝わらなくなってしまう事が上げられる。

そのため、差動制限機構を設けたLSD(Limited Slip Differential)が用いられる。