スマートフォン用の表示で見る

デフレ・ギャップ

社会

デフレ・ギャップ

でふれぎゃっぷ

経済学用語。超過供給の大きさのこと。

工場が商品を作り過ぎて、供給が多すぎる状態。

このギャップは、経済状態をグラフで説明する時、

商品が売れ残っている状態、需要が不足している状態の

その度合を示す。

ギャップの大きさは、失業者数と関係する。

このギャップを埋める解消策として、政府支出を増やす。

たとえば、不景気で失業が発生している状態で

道路工事やダム工事、徴兵したりする。

デフレ・ギャップ ←→ インフレ・ギャップ

リスト::経済関連