デラーズフリート からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アニメ

デラーズ・フリート

でらーずふりーと

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』における主要敵対組織。

一年戦争後、元ジオン公国軍のエギーユ・デラーズ中将が率いた反乱軍。彼とその思想に共鳴したアナベル・ガトーを中心として、地球圏最大のジオン残党勢力が作り上げられることとなる。戦争終結後に暗礁宙域内に基地「茨の園」を築き潜伏。3年後の宇宙世紀0083年に「星の屑作戦」を実行した。

GP計画によって開発されていた核搭載ガンダムGP-02サイサリスを強奪、連邦の観艦式を襲撃して核攻撃を行う他、コロニー落としも実施している。

この作戦行動によってデラーズ・フリート地球連邦軍部隊と交戦しており、壊滅している。

事件後、地球連邦スペースノイドへの警戒感を強め、ジオン残党狩り部隊とも言うべきティターンズの結成を認めることとなる。