スマートフォン用の表示で見る

デリダ

読書

デリダ

でりだ

ジャック・デリダ(1930.7.15-2004.10.8)

哲学者1930年フランス植民地だったアルジェリアに生まれ、1956年エコール・ノルマル哲学史助教授に就任。プラトン以来の西洋哲学?を引き継ぐロゴス中心主義を批判。一般にポスト構造主義の代表的哲学者と目され、脱構築、散種、グラマトロジー、差延等の概念を生み出した。フッサール現象学から出発し*1フッサールの『幾何学の起源?』に長大な序文をつけ注目を集める。ニーチェハイデガーを批判的に発展させたほか、サールとの論争やハーバーマス、ガダマーとの論争でも知られている。ハーバーマスとは9.11テロ後共闘。脱構築哲学だけにとどまらず、文学理論?法哲学等に影響を与えている。

2004年10月逝去。

『エクリチュールと差異?』『グラマトロジーについて』『ユリシーズ グラモフォン?』『法の力』『散種』『岬』『声と現象』『滞留』『マルクスの亡霊たち?』『言葉にのって?

関連:東浩紀高橋哲哉

*1修士論文は『フッサール現象学における発生の問題?