デヴィ夫人 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

デヴィ・スカルノ

でびすかるの

Ratna Sari Dewi Sukarno

インドネシア大統領スカルノの第3夫人。現タレント。

日本名根本七保子

1940年2月6日東京都生まれ

都内の高校を卒業後、銀座の高級クラブ「コパカバーナ」のホステスとなる。

1959年に訪日中のスカルノの目に止まり、インドネシアへ渡る。同年スカルノと結婚。第3夫人になる。

1965年 軍事クーデタースカルノが失脚。その後スカルノが死去するとジャカルタを離れてパリへ移住。

1980年 インドネシアへ戻り、石油関連の事業を起こす。

1991年ニューヨークへと移住。

1990年代後半以降、日本を拠点にタレントとして活躍。

2006年9月 経営するイベント企画会社の元社員が、テレビ番組で暴行を受けたとするうその発言をされ、名誉を傷つけられたとして、夫人を相手に220万円の損害賠償を求めた訴訟判決で、東京地裁は「元社員が夫人に暴力を振るった事実はない」として名誉棄損を認め、夫人に30万円の支払いを命じた。


デヴィ・スカルノ回想記 栄光、無念、悔恨

デヴィ・スカルノ回想記 栄光、無念、悔恨